書籍・雑誌

2009年10月 1日 (木)

文鳥 by 文豪  リサイクルに協力出来なかった

そんな訳で、続きは明日~などと言っておいて、数日放置しておりましたbearing
すみません、、、<(_ _)>
だって阿修羅たんの説明、難しいんすよ、文章浮かばないちゅうーんですわ(爆)
いや頑張ってみるけど、それはさておき(爆)
 
阿修羅たんに会うために、長時間の行列を覚悟したワタクシは、
西鉄天神駅に入る前に、以前から読みたかった文豪、夏目漱石大先生
によるエッセイ?小品?「文鳥」の入った短編集、 
新潮文庫の「文鳥・夢十夜」¥400を購入したのでした。  
 
思いつくのが遅すぎて、渋々おニューを買ってしまいましたが、
本当は古本屋さんで買いたかった・・・(ー'`ー;)仕方がない(爆)
でも何と言っても文鳥好きならマストアイテム!の品な気もするし、いいか(爆)
 
Image019
表紙からして萌~heart04
 
ちなみに、「文鳥」の内容はと言うと、裏表紙の説明によると
 
人に勧められて飼い始めた可憐な文鳥が家人のちょっとした不注意から
あっけなく死んでしまうまでを淡々とした筆致で描き、著者の孤独な心持ちを
にじませた名作。

 
だそうです!!(`O´;)ま、まぁ、そんな感じかなぁ?
いや~~~~~それにしても、さすが文豪!!!
何て細やかで美しく、文鳥を表現することでしょう~!
 
飼っていたのは、「何だか淡雪の精の様な気がした
って所からして白文鳥のようですが、
餌を食べている音を聞いたり、食べている様を見ながら 
 
 
すみれ                          こがね         つち   めのう                                    たた 
菫程な小さな人が、黄金色の槌で瑪瑙の碁石でもつづけ様に敲いている
 
様な気がする。
嘴の色を見ると紫を薄く混ぜた紅の様である。その紅が
 
次第に流れて、粟をつつく口尖の辺は白い。象牙を半透明にした白さである。
 
この嘴が粟の中へ這入る時は非常に早い。左右に振り蒔く粟の珠も非常に
 
軽そうだ。文鳥は身を逆さまにしないばかりに尖った嘴を黄色い粒の中に
 
刺し込んでは、膨くらんだ首を惜気もなく右左へ振る。籠の底に飛び散る粟
 
の数は幾粒だか分からない。それでも餌壺だけは寂然として静かである。
 
重いものである。餌壺の直径は一寸五分程だと思う。
 


と、まだまだ文鳥描写は止めどもなく続くのであります(汗)
ちなみにルビふってみた(爆)読めないよ敲くとか。。。(T=T)
ルビずれてない?私のPCではこれがジャストフィットな位置だけど;
更にちなみには左上に点が一つ多い、Sinnyou の方の字ね。
PCで出ないや(-_-;)
 
それにしても、、、スゲーー!!さすが文豪!!何という圧倒的な描写力!!
美しくもこまけ~っ!!(爆)
(ちなみに文豪って何で文豪って言うんだろう・・・)
わ、私なら、
 
まーた、ウチのジョーちゃんが、餌をザッザかザッザか食い散らかして
餌カバーでも付けないと、到底間に合わんわーー(`ム´)
楽しいのか?そんなに食い散らかして楽しんでるのか?ひょっとして(`ム´)
与えた餌の3/5を捨てていないか?

 
とか、恨み節に走りまくり、到底文鳥様の美しさに言及する余裕は無い
と思うんだが、もうさすがですわ~瑪瑙うんぬんとか、もう凄すぎですわ~

こんな煌びやかな描写、何だかあの超ポジティヴシンキングで
遠慮容赦の無い、ゴーイングマイウェイな俺様キャラで人肉だって大好きheart
な文鳥様には、大変もったい無い気さえするのでございます(`。`;)素敵kissmarkshine
 
それにしても、漱石さんの時代にはさすがに「文鳥飼い方入門」本とか
無かったろうし、もし、この時代に行けるのであれば、色々飼い方について
アドヴァイスもして差し上げたいし、死んでしまった事に対しても、
 
「これは誰が悪いのでもないのだから、そんなに自分や周りを責めないで」
と、言って差し上げたいと思ってしまうような内容だったのでした。weep
まぁ文鳥好きなら一読の価値はアリだと思いま~すsign03
 
ああ、、、漱石先生なら、かの阿修羅たんへ続く道のりを、
臨場感溢れる語り口で鮮明に描いて下さるだろうに、、、
私のへぼい表現力では到底伝える自信が無いってもんだが
仕方が無いから、頑張って書いてみるよ(爆)
 
どうでも良いけど、突発的にホワイトアスパラガスの缶詰を食べたくなったよ(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

栗本薫さん (´;ω;`)

栗本薫さんが亡くなられたそうですね。
知らない方が多いかも知れませんが、
私が中学2か3年生の頃からずーーーーーーーーっと
読み続けている小説「グイン・サーガ」の作者です。
 
ジャンルとしては、ヒロイック・ファンタジーと言うんですかね?
さぁ、ドラッグドラッグ(爆)
 
1979年からスタートし、私が出会った頃は、
まだ16巻だか18巻だかまでしか出てなかったと思うんですが、
その後も年に5巻ペースくらい?で出続け、
最新巻が126巻「黒衣の女王」でした。
 
出会った頃から100巻構想を唱えていたので
超長期連載は覚悟してましたが、結局100巻では終わらず、
126巻でも全然終わっておらず、未完の大作品となりました(号泣)_| ̄|○l||l
 
一人の作家の作品としては世界最長のシリーズだったとか。
まだ56才と言うのに、何てことでしょうかね・・・(´;ω;`)
お若いですよねー。あとがきを読んでも、エネルギッシュで
気持ちが凄く若い方だったようなので、本当に残念だし悲しいですわ。
 
しかし、実は何年も前から乳ガンやその他の癌の転移などで
闘病されていることは存じておりましたので、
こんな日が来ることは、何となく覚悟はしておりましたよ・・・(´;ω;`)(´;ω;`)
未完で終わるかも知れないなぁなんて・・・。
 
あーーーいろんな大風呂敷が結局どうなるのか分からないままで
すっごく残念ですー。ご本人も書ききれなかった事が無念でしょうね・・・。
いやー、ヤーンの御心のままに。と思っているかも知れませんが。(グインネタ)
謹んでご冥福をお祈り致します。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

行って来ました・・・

 
先輩のところへ・・・
まぁそのぶっちゃけ、今は人は足りていて採用の見込みは無いとの事ですが
・゜・(ノД`)・゜・
2時間半もダラダラだべって参りましたよ(爆)(爆)(爆)
 
うぅーん駄目だぁーーー
どこにも就職口がねーだよーーーーーーーーー
あうあうあうーーーーーー(ひっくり返って大の字)
 
んでもって帰りがけに、近くにあった箱崎神宮に行ってきただよ。
以前1度行った時に、鬼のように鳩がいて、鳩のえさまで売っていて
えさを蒔いたら全身鳩が鈴なりになったのを思い出して、
もう1度至福の時間を過ごそうと赴いたのでしたが・・・・
 
なぜか。。。。1羽も鳩がいないよ(T_T)
えさはまだ売っているのになぁ・・・どうしてぇーーー(T_T)(T_T)
ちなみにここ↓
 
Hakozaki 季節柄千歳飴を売っていたが千円なので手が出せません(涙)
 
んでもって、せっかくだからおみくじをしようと、お守り付きおみくじを引きました。
お守りは全部で7種類!あたしは出来れば目出鯛がいいなぁー!
蛙はヤダなぁなんて思って引いたら・・・
 
Omamori まぁ人生こんなものだ。
 
うわー私の真っ赤な携帯に合わないわーー!;
でも付けさせて頂きましたよ・・・「福かえる」って・・・・
(帰ってくる程福は今まであったか?って話は禁句だ)
まぁでもよく見たら可愛いかなぁ・・・?
 
で、おみくじの方は大吉だったよ!!゚+.(´∀` )゚+.゚
どの欄にもいい事が書いているよーーー!
たのんますよ~ホントに(T=T)
 
で、せっかく福岡に出てきたので博多駅の紀伊国屋にも行って来ましたよ。
そしたらどうでしょう?何だかぐるめりーなさんがおっしゃってるような本が
平積みで広がっているでは無いですか!
「あなたの部屋があなた自身です」
 
ガーーーーーーーーン!!!!!
今、流行っているのですか?この手の本(T▽T)
 
やたらと掃除の勧め本がいっぱいあったのですが、
やはりこの汚い部屋自体が悪の根元なのでしょうか?
うんげーー。立ちくらみを覚えながら本屋を後にしました。
流行ってるんだろうなぁ・・・あんなにコーナーにしてもらっているんだから・・・
掃除・・・がんばるよ・・・。
 
えーと、あ、その前にスタバに行ったのでした。
ジンジャーブレッドラテ(結局何なんだろう?コーヒーなのかコレ(爆)??)と、
キャラメルドーナッツ(上にかかっているキャラメルの色が
まるでチョコレートのように黒っぽい。しかし味は
相当カラメル臭が強く、確かにキャラメルだった)
を食べた。(ああ太りそうなものばかりだ・・・)
 
で、発見したのですが、ジンジャー味とカラメル味が合わさると、
紅生姜の良く利いた、お好み焼きの味になる!!
 
 
 
・・・・・誰か同意して下さい。ホントだってばそこの方! 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

英語でブログを書いてみよう

大分のかつての居住地付近に紀伊国屋書店が出来ていた!
広~い!座るところがある~!ナウなヤング空間だ~!!
なぜ私が住んでいる時に出来なかったのだ!?(軽く15年前)
オタッキーなレアものも豊富っぽいわよ~!!(爆)
 
そんな訳でタイトルの本を見つけてしまいました・・・自爆!
あああ~がんばるよ~(えぇーーっ!?)

 
えーなになに?
「今回、私が皆さんにお勧めしたいのは、英語3行ブログ、つまり
たった3行の英語で日記を書いて、英語学習してしまおうというものです。」
 
うおー。3行ならがんばれるかもしんない・・・(うそくさい)
 
えーなになに?
 
 パターンA:今日のひとこと+できごと+感想
 パターンB:できごと+感想+今日のひとこと

 
うーんBがいいな。
それではとりあえず。
 
On Saturday and Sunday, I went to Beppu.
I put away delicious foods.
I think I ate too much.
 
・・・うさんくせぇ~~~~~!!!(爆)
その上、心にも無いことを書いてる~!!
(食べ過ぎちゃったとか書いたつもり;)

 
ねぇ。。。誰か添削して・・・(さめざめと涙、滝の如し)
 
そんな訳で土日は別府に行って参りました。
写真とか撮りまくったし、早くアップしたいのですが
きっと凄い書くのに時間かかるー
少しずつ、土日の日付でアップしたいと思います。
 
そして、これからは最後に英語三行も書くことにしました・・・
三日坊主どころか、上に書いたので終わりな予感・・・(油汗)
別府ツアーはグルメツアーだったので、食べた記憶しかありません(爆)
食べ物の味を表現するって難しいなぁ~表現力が欲しいわぁ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)